巻き毛の姫様と召使い

我が家にやってきた巻き毛の猫様と召使いのお話し。

姫様お手入れ時間

f:id:shion-laperm:20160425185943j:plain

きもちいい( ̄▽ ̄)

ブラッシング大好きな紫苑さん

毎日のお手入れタイム。紫苑さんの毛はセミロングなのでノルウェージャンのような本気長毛種に比べるとブラッシングはそれほど必要ありません。むしろ解きほぐしてしまうと特有の巻き毛が解けてしまいます。

 

けどブラッシングした後のフワッフワの体を撫でるととてつもなく気持ちいいのです。

 

この時間とても大切で、見た目のお手入れとしてより体のチェックがメインになります。といっても素人のチェックでしかないのでコミュニケーションの時間でもありますが。

 

主なチェックポイントは、

  • 触って嫌がる(痛がる)場所はないか
  • 手触り(毛並みとか)
  • 爪のチェック
  • 正常な代謝の目やにかどうか 
  • 耳掃除

などなどです。

できればここに歯磨きを加えたいところですがまだうまくできていません。

 

こういったチェックをスムーズにやれるように、小さい頃から毎日朝晩決まった時間に決まった場所でやるようにしています。爪切りは相変わらず嫌いだけど、ブラッシングの時間自体は大好きで、もう習慣にもなってるせいか時間になってお手入れ道具を出してくると自分から膝に乗ってくるように( ̄▽ ̄)紫苑さん賢いかわいい!

賢い紫苑さんをカメラに収めることに成功!

 寝ていても降りてきてピョーンと乗ってきます。

 

 

 

f:id:shion-laperm:20160425192815j:plain

紫苑さんのお手入れ道具がこちら

いろいろ使ってみてます。

 

ブラッシングは主にコームと呼ばれる櫛のようなタイプですね。シンプルで使いやすく抜け毛の季節でもしっかり毛が取れます。ラバーブラシやスリッカーブラシも試してみましたがお気に召さない様子でうまくとかせませんでした。

コームで普段自分ではやりにくい耳の後ろや喉元をとかしてもらうのが大好きなようで、そういう部分ならずっとやってて欲しがるくらいです。お腹や後ろ足のあたりはあまり好きではないようで「自分でやるからいい!」という仕草で押しのけられますヽ(´o`;

 

お尻もちゃんと拭いてくれればいいのだけど、召使いにやってもらうのに慣れすぎたせいか全然綺麗にしてくれません。ちょくちょくお腹が緩くなるせいもあってトイレした後は捕まえられてお尻チェックです。お尻周りの毛はそこそこ長いので汚してたらここで洗ってもらいます。

 

普段使うのは、

www.pet-cool.com

こういったものです。水、、ですね。なんだかいい水らしいです。

確かに拭いた後自分でも舐めるわけだからおかしなものは使いたくはないけれど、ちょっとお高いのが難点ですね。贅沢品かなぁ。。

 

www.amazon.co.jp

耳掃除にはこれ。

紫苑さん実は耳が汚れやすい体質なようでちょくちょく耳掃除してます。綿棒で直接は素人では危なそうなので、コットンに含ませた後綿棒に巻きつけて手前側だけ汚れを拭き取っています。猫の耳の奥はいりくんでいて難しいので奥は動物病院でたまにやってもらっています。季節や成長も関係してるのかもしれませんが、小さい頃より汚れなくなってるようで最近はそれほどしなくてすんでます。

 

 

粗相をした時用の臭い消しも用意していますが、今の所汚さないのでまだ出番はこず。生ゴミ捨てた時にゴミ箱に匂いが付いてしまったことがあって試しに使ってみたら効果はありませんでしたヽ(´o`;

 

www.amazon.co.jp

爪切りはこのギロチンタイプ。

ハサミやニッパータイプは爪以外に引っかかった時に危なそうなのでこのタイプにしてみました。猫もやる側の人も慣れるまで難しいから暴れて目にでも当たったら大変ですからね。でも少し癖があるから慣れてきたら先の丸いハサミがいいかもしれません。

 

 

f:id:shion-laperm:20160425195101j:plain

f:id:shion-laperm:20160425195112j:plain

f:id:shion-laperm:20160425195125j:plain

きもちよさそう( ̄▽ ̄)

 

 

 

広告を非表示にする